ハーブガーデンのアミノ酸シャンプーとしての機能とは?

ハーブガーデンシャンプーは多くの有名女性メディアで第一位を取得している人気のアミノ酸系シャンプーです。
アミノ酸系シャンプーとは市販のシャンプーとはどのような違いがあるのでしょうか?

まず市販のシャンプーは誰もが使いやすいように泡立ちがよく、使用感も満足度のあるものになっています。
しかし科学的な石油系界面活性剤というものを使っており、人工物を多数使っているんですよ。

この化学物質は頭皮から徐々に体内に浸透し、果てにはフケやかゆみといった問題を引き起こす原因になってしまします。
またデリケートな肌質の人であれば頭皮がカサついたり、長年使っていると髪の毛のパサつきなどを引き起こします。

これらを回避するためには髪の毛や頭皮に優しいシャンプーを使うことが一番です。
そのためにはアミノ酸系シャンプーが一番だと言われているんですよ。
アミノ酸系シャンプーは頭皮に必要な皮脂はしっかり残してくれるのに、不要な汚れや皮脂はしっかり落としてくれると言うスグレものです。

人間の体は20種類ものアミノ酸でできています。
髪の毛もそれと同様にアミノ酸でできています。
ですから髪の毛と同じ成分のアミノ酸系シャンプーであるハーブガーデンシャンプーでシャンプーすることにより頭皮や髪の毛を傷めず、汚れはしっかり落としてくれます。
髪の毛の補修もされますし、頭皮の潤いも残してくれるというわけですね。

アミノ酸系シャンプーは程よい洗浄力が決め手で肌や環境にも優しく泡立ちはマイルド、保湿力としては洗い上がりはしっとりしているのが特徴です。
またハーブガーデンシャンプーはアミノ酸系シャンプーの中でも特に泡立ちの良さが売りでもあります。

リンスなしでもしっとりまとまるのが特徴で、天然系のシャンプーはギシギシする、泡立ちが悪いという問題を解決したシャンプーなんですよ。
その秘密はモンゴンゴオイルやバオバブ種子油、シロキクラゲ多糖体やソープナッツエキスなど、もっちり泡立ちを良くする成分や保水力、保湿力に優れた成分が配合されているため。

また10種類の植物エキスで頭皮ケアを考え、フルボ酸という今注目の成分によりアミノ酸やミネラル、ビタミンや酵素をたっぷり配合しているためです。

アミノ酸系シャンプーはぎしぎし絡むから嫌、という女性でも、ハーブガーデンシャンプーを使えばアミノ酸系シャンプーそのものの考え方が違ってくるでしょう。